殺処分の現状をみる!今何ができるのか?

日本では環境省による平成28年度のデータで犬猫の殺処分は年間約7万頭だと発表しました。
7万頭だなんて途方もない数で、余りの数時の衝撃に閉口するしかありません。
何故こんなにも犬や猫が殺処分されているのでしょうか。
それには身勝手な飼い主達のペットに対する安易な思考、責任のなさなどがあげられます。
またペット業者などが放棄するケースも少なくなく、どんなに小さな命であっても重いという事を認識出来ていない悲しい現状です。

かわいいからと安易に犬や猫を飼い、自分達の身勝手な理由を言って放棄しようとします。
その理由の多くは「引っ越しだから飼えなくなった」「世話が出来ない」「子供が生まれたから」など様々ですが、どれも小さな命の灯を消す理由にはなりません。
保健所の職員に自分は代わりの飼い主を探したと言い訳をする人もいるそうですが、たったの10人に聞いて断られたからという理由ではフェアではなく、処分されるペットもたまったものではない筈です。

保健所や動物収容所に集められるペットもいますが、そのまま外へ捨てられる子達もいます。
公園やゴミ捨て場などに、ダンボールに詰められて放棄する飼い主がいて、その子達が野良化し、公園やその周辺で逞しく暮らし始めてしまいます。
野良化した犬は動物愛護団体や自治体が介入し、捕まえて保健所などに送りますが、猫は地域猫としてそのまま地域の人に見守られながら野良でいる事もあるようでした。

日本では自治体により殺処分の内容が違うようで、殺処分ゼロを目指して啓蒙している自治体もあれば、残念ながら殺処分が減らないところもあるようです。
ゼロを目指し、動いているところでは、飼い主や業者が見捨て、放棄した犬や猫を譲渡するイベントを開いたり、ホームページなどで呼びかけ、一頭でも幸せな未来を歩めるように努めています。
現状殺処分ゼロは難しい難題ですが、一生懸命動いているのでした。

一方、海外では動物愛護のイベントなどは日本よりも活発なようです。
海外のセレブやハリウッドスターなどが、動物愛護のイベントやパーティーを開き、集まった資金を捨てられたペット達に募金活動しているといいます。
また、路上にいる犬や猫を見掛けたら保護し、猫であれば虚勢をしたりします。
どうやら、日本よりも海外の方が動物愛護運動は活発なようでした。

「犬や猫を助けたい」私達が出来る事は、安易にペットを飼わず、そうして少額でもいいから施設などに寄付をする事ではないでしょうか。
お金ではなく毛布や餌などを送って欲しいと募集しているところもあります。
放棄された子達を飼えなくとも、寄付などをして貢献するというやり方もあります。