フィラリアのことを良く知って、最悪の事態を避けよう

フィラリアとは、日本名で犬糸状虫症と書きます。
蚊の媒介によって感染し、成虫が肺動脈や心臓に寄生してしまいます。
そうすると様々な異常が現れてしまい、日常生活に支障をきたし始めます。
フィラリアは最悪の事態を引き起こすと死に至る恐ろしい感染症です。
愛犬を守る為にも予防に力を入れたり、感染してしまったら症状が悪くなる前に早期治療を心掛けましょう。

フィラリアの病原体を媒介するのは蚊で、蚊が犬を吸血した際に、体内で育っていた幼虫が蚊の針をつたって犬の体内に入り込むのです。
何と幼虫は針の差し口から侵入してくるのです。
幼虫が体内に入った犬はフィラリアに感染し、血液の循環障害や呼吸器に異常が生じます。
散歩中に疲れやすくなるなど、階段をのぼるのも大変になってしまいます。
進行すると乾いた咳をするようになるなど、明らかな症状が出始めます。

症状が悪化していくと、肝臓の肥大や腹に水が溜まったり、浮腫んだりします。
肺動脈塞栓や喀血などを起こすこともあります。
幼虫が成虫になり、多数寄生している場合、心臓に繋がる血管を塞いでしまい、血尿や貧血を起こす事もあるのです。
更にひどくなると呼吸困難を起こし、急死してしまうという最悪の事態も考えられます。
急性症状を引き起こし、突然死にも繋がってしまうので、フィラリアはきっちりと予防する必要があります。

犬の場合、薬による予防がほぼ100パーセントなのですが、それは感染を予防するものではなく、犬の体内に侵入した幼虫を体内で駆除するものです。
ですので、体内で成虫が増えてからでは手遅れなのです。
体内で虫が増殖するのを予防するには定期的な投薬で確実に体内の虫を駆除していく事が必要になります。
飼い主が出来る予防として、蚊がいなくなるまでの期間の一カ月後まで確実に予防薬を投与する事、蚊の多い場所での飼育、または散歩を避けるなど、そういった予防にも力を入れていきましょう。

フィラリアの治療法については、外科手術で成虫を摘出するという方法があります。
頸静脈から長い金属を入れて、肺動脈に寄生している成虫を釣り出すという方法です。
しかし、麻酔や手術の難しさもあり、リスクが大きい方法なのです。
大量に寄生されている、かつ、手術に耐えうる体力のある犬にしか適応されません。
愛犬にとって命の危険を伴う病気ですので、しっかりと飼い主が出来る予防策を実施して、確実に予防する事が大切です。
かかりつけの動物病院で相談しながら、大切な家族をしっかりと守ってあげましょう。